インド料理とスパイスから始める遊牧民生活。

インドとスパイスを皮切りに、世界各国を周遊する(かのような)料理ライフを楽しむブログ。

スパイスカレー初心者が最初に揃えたい最低限スパイスは3つ!他スパイスも感覚で3段階の優先度つけてみた。

※後日追記しました。優先度ちょっと変更アリ。

 

えーと、ちょっと間が空きましたが前回記事の続きです。
前回の最後に抱いたギモンがこれでした。

 

◆要するに、スパイスと材料は最低限何がいるの?

 

把握していない間は、こんな感じ。

 

カレーのレシピを見るたんびに毎回、違うスパイスが載っている。揃えても揃えても無限にいるんじゃないだろうか…という気分になってくる。

分からなくなって買うのをスルーする。

またカレーやスパイス料理を作りたくなってまた悩む。

 

この繰り返しが、私は10ヶ月くらいあった(笑)。下手に買って使いこなせず眠ってるってのがイチバン嫌だしーと思って。

 

その間は、スパイスが最初からセットになってるヤツ使ってたというわけです。詳しくは下記記事参照。

ryouri-kihon.hatenablog.jp

 

ちなみに、スパイス名は同じでも、

・ホール(まんま粒状)と

・パウダー状(挽いたもの)

のものが使い分けられていたりと、余計に混乱しますよね。

 

で、図書館に行ってレシピにざっと目を通し…検索をかけてみたりして…。

たどりついたのがこの記事でした。

anond.hatelabo.jp

おお、すでにスゴい人気記事なんだね!この記事が優秀なのは、基本のレシピに該当しない人でも、応用が効くように親切に解説が加えられていること。

 

 

この記事によると、最低限必要なのはこのスパイス。

 

<<優先度A>>

 

○クミン(ホール):香りがニガテならマスタードシード(ホール)で代用

ターメリックパウダー

コリアンダーパウダー

●カイエンペッパー(チリパウダー等と書かれてることも):辛さ調整なので、レシピによっては唐辛子で代用か、辛いのが苦手ならひかえめでも可

 

つまり、ホールスパイスは○の一種類さえあれば始められるんですって。そしてインド風スパイスカレーならではのパウダースパイスは最低限、2・3種類。だいぶこれで、絞られましたね。

 

 

 

 

 

 

そして、コアとなる食材はだいたいどれも、以下。

 

・にんにく

・ショウガ

・トマト

・玉ねぎ

 

これにししとう(または青唐辛子)が入ったり。上記はすべてベース=カレーの土台となります。これに好みで、メイン具材(肉・魚・野菜等)を加えて楽しむって感じです。

 

そして、スパイスも食材も、これ以外のものがレシピに載っていた場合、最悪省いてもいいけどその分深みが減るかもよという意味でとらえる。

より美味しくマニアックに、深みを出したかったら継ぎ足して買えばいい。

 

これを読んで、「ほほう〜」と更にアタマがスッキリしました。で、最初に揃えたのがこちらね。

f:id:color-image:20161202015416j:plain

近所のスーパー何件か回れば、どっかには売ってそうな感じです(クローブは好みで買ったけど、まだ開けてないw)。

 

この辺を把握してあらためて作ったところ…。

f:id:color-image:20161207004512j:plain

スリム化して冷蔵庫にもエコ、かつ美味い!!

f:id:color-image:20161207004529j:plain

ちなみにメイン具材は、白菜と豚肉のこま切れという、日本にフツーにある食材です(ここはホント、好みでいい)。プラスズッキーニの塩焼き。

なぜか盛りつけまで考える余裕も出てきました。フォッフォッフォ。

 

つまり、これに慣れていきつつ、さらに上級スパイスを後で足せばいいのですね。

その頃には、それぞれのスパイスの効果効能も分かってきてるので、足し引きできるものとできないものも、その意味もワカルはず…。

 

 

で、先ほど上記リストに書いた「最低必須スパイス」プラス、個人的には使ってみたいなと思っていたものをもう少し追加すると、

 

<<優先度B>>

 

マスタードシード(ホール)※主に南インド

クローブ(ホール)

・シナモン(ホール)

・カルダモン(ホール)※この3つは主に北インド

 

○クミン(パウダー)

ガラムマサラ(これはいろんなパウダースパイスをミックスしたもの)

 

カレーリーフ(乾燥葉、あれば生葉。ぜんぜん香りが違う)

○ムングダル(豆です)

 

(下2つは厳密にはスパイスちゃうけど)

この中でも、○があれば本に載ってるレシピが1/3くらいはクリアできます。全部あると、1/2くらいはクリアできます。

ココナッツミルクとか、パクチーもあれば抜群に美味しいけど、それなりにコストもかかるので優先度はBとします。

 

 

あと、レシピでそこそこよく見かけるものとしては…

  

<<優先度C>>

 

・フェヌグリークシード(ホール)

フェンネル(ホール)

コリアンダーシード(ホール)

・黒こしょう(ホールがたまに要求される)

 

・ヒング(パウダー)←アサフェティダとも言います。インド食材屋にしかほぼない。

 

・ココナッツロング(ココナッツの果肉を削って乾燥させたもの)

ベイリーフ(ローレルであれば、お家によっては既にあるんじゃないかな。厳密にはインドのベイリーフはまったく別物です。詳しくは下記リンクを参照のこと)

ryouri-kihon.hatenablog.jp

 

この辺かな…。あれば理想っていうね。

 

こっから先は、いくらでもスパイス発掘できるし、具材もマトン肉だろうがココナッツ生果肉だろうが、もうハマれる人は好きにこだわってくれって感じです。が、そこまで分かる人は多分、このブログ見てないよねw

 

 

***

 

そんなわけで、今揃えたやつでできるレシピを、カレー以外でもいっこ作ってみました。ポリヤルという、つまりは野菜炒めです。

cookpad.com

スパイスを用意。太字が優先度Aに挙げたスパイスです。

 

マスタードシード

・クミン(ホール)

(・フェンネルはまだないので無視)

(・ココナッツロングもないので無視。オイルで代用)

・ダル(豆:なくてもいいと書いてる)

カレーリーフ(なくてもいいと書いてる)

ターメリックパウダー

コリアンダーパウダー

結構テキトーで成り立つ(笑)。

f:id:color-image:20161207011546j:plain

そして、野菜を切って…

スパイス類と玉ねぎ、ショウガを炒める。

f:id:color-image:20161207011628j:plain

 

キャベツ投入。アレンジで鶏のささみも。

f:id:color-image:20161207011702j:plain

 

蒸し焼きにして…。

f:id:color-image:20161207011735j:plain

 

最後にパウダースパイスと塩で味付け(醤油だと好み的にはパンチがない感じがした為)。

レモン汁も絞る。

f:id:color-image:20161207011751j:plain

真ん中の白いのは、ココナッツオイルです。香り付けに最後に投入!

 

うましです!!

f:id:color-image:20161207011921j:plain

ココナッツのお陰か、タイっぽい感じもしたな。

まあそれはそれで好き。

 

 

そんなわけで、優先度Aは間違いなく、かなり使えるのでおススメです。

スパイス使いこなせないな…って方は、まずAを試してみてはいかがでしょう?

 

 

ちなみに…今回参照したレシピ本はこちらの3冊。

◆アジア食文化紀行 インド料理―マサーラー王国の食をきわめる

 

◆ピリッと辛い!スパイシー野菜おかず

 

◆自然派インド料理ナタラジレシピブック