読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インド料理とスパイスから始める遊牧民生活。

インドとスパイスを皮切りに、世界各国を周遊する(かのような)料理ライフを楽しむブログ。

ホロホロ崩れるやわらか鶏は酢で煮込む、カチャトーラ。

先日は、こーんなロマンティック全開のお店でお茶しましたことよ。おほほ。

f:id:color-image:20170125141024j:plain

ティーポットもバラ満載!

f:id:color-image:20170125141035j:plain

なんでも、イギリスの田舎にある一軒家をイメージしたお店らしく。アンティーク雑貨にあふれておりました。

f:id:color-image:20170125141047j:plain

私は好みがアジア寄りなので、こういうの好きくないと思ってたんだけど。一旦好きなものを追いかけ尽くすと、時には反対の極に寄るのも面白く感じるのね。濃すぎるくらい濃くって、逆にワクワクしましたw

よく考えたら、インドってイギリスと関係が深いわけだし。

 

こちらのお店では、オーガニックティーと、ダークチェリーのケーキをいただきました。これまた、田舎っぽく超こってりで大満足なお味!

f:id:color-image:20170125141104j:plain

あたためて、ソースをかけて出していただけるの。わたくし感激ですわ♡

☆お店はこちら。スリーチムニーズさん。

http://www.3-chimneys.com/

 

***

 

 

さてさて、またこちらの本のお世話になりました。

「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ (講談社のお料理BOOK)

 

で、今回ご紹介するのはイタリア料理の、カチャトーラですわ。

f:id:color-image:20170125141538j:plain

といっても本のとおり、そのまーんま作りました。オリジナル要素がないので、今回はレシピは書きません。面倒ですし。

 

ちなみに、カチャトーラってよく耳にはするけど、具体的になんなのか分からない!ググると、

カチャトー(Cacciatore)は、イタリア語で「猟師風の」という意味のイタリア料理である。 トマト、タマネギ、ハーブ、ピーマンに蒸し煮した鶏肉(pollo alla cacciatora)やウサギ肉(coniglio alla cacciatora)が用いられ、ワインが加えられる場合もある。(Wikipediaより引用)

うんうん。確かに、トマト煮っぽいイメージはあるね。

猟師風のってくらいだから、もともとは仕留めてその場でさばいていただけるってなくらい、ラフな料理なのかもしれない。

 

でも、例の落合シェフの本にはめっちゃ詳しく、手順と手順の合間のタイミングが書かれてるんですわ。そこをきっちりやってくと、煮汁にイイ感じのとろみがくわわる。お肉は唇で噛み切れるほどに、トロットロ。素朴ながら、手の込んだ料理に感じられる。

 

やってみました。

 

鶏もも肉は、一口大に。

f:id:color-image:20170125141955j:plain

 

スライスした玉ねぎを炒める。

f:id:color-image:20170125142015j:plain

 

玉ねぎはいったんよけて、オリーブオイルにローズマリーを入れ、弱火で加熱して香り付け。

f:id:color-image:20170125142023j:plain

ちなみに、この乾燥ローズマリーは、以前ローズマリー軟膏をつくろうとして失敗した分の残り。なんとも興ざめだけどw

なにが失敗かって、軟膏じたいは、できたのはできたんだけど。そんときの私の手荒れ症状には合わなかったんですわ。急に出た知らない症状に使ったのがそもそもいけない。手作り化粧品は使い慣れてないとね。

 

とどうでもいい話はおいといて。

ローズマリーの香りが移ったらローズマリーはよけて、ニンニクと唐辛子を投下。

f:id:color-image:20170125142033j:plain

 

にんにくと唐辛子も取り除いて、その油で塩と薄力粉ふった鶏肉をインして炒める!

f:id:color-image:20170125142046j:plain

 

結構、強めの火でいいらしい。じゅんじゅんと、いい感じに焦げ目もついてくる。

f:id:color-image:20170125142102j:plain

 

で、さっきの玉ねぎを投下!

お酢と、白ワインとを、順々に入れて完全に飛ばしてから、次のを入れます。ここめっちゃ大事みたい。

f:id:color-image:20170125142120j:plain

後で調べると…お酢で煮込むとやわらかーくなるみたいね。でもお酢くさかったら後味に影響するから、香りはしっかりと飛ばす、と。ワインも同様に飛ばす。

 

で、お水を入れて沸騰したら弱火でぐつぐつとじっくり煮ます。お水ちょっと入れ過ぎたのか、煮詰めるまでいかなかったかも。

f:id:color-image:20170125142135j:plain

 

時間を置いたら、こんな風に。なんかあんまり見慣れない見た目だ…!と思ったけど。

f:id:color-image:20170125142148j:plain

このソースが、とろみがあってたまらんのですよ。塩味を加えて、ジャガイモを入れて火を通したらできあがり。オリーブ入れてもいいみたい。

 

うんまーーーい。決して飛び出たようなクセや特徴はない。けども、心に染みわたる柔らかい煮汁。時間はかかるけれど、目に見えないところに手の込んだ感じが伝わる。

f:id:color-image:20170125141538j:plain

 

寒い日には煮込みが、いいなあ。作っている最中もあったかいし。

ポトフに飽きたらこんなのもいかがでしょ。

 

 

 

★ランキングに参加してみました!

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村



レシピブログに参加中♪