読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インド料理とスパイスから始める遊牧民生活。

インドとスパイスを皮切りに、世界各国を周遊する(かのような)料理ライフを楽しむブログ。

スパイスカレーの付け合わせに必須のヨーグルトソース、ライタ。

インド/カレー/スパイス料理 スピードレシピ

 

今日は、タンドリーチキンをリピートしました。

下記リンクのレシピです。

ryouri-kihon.hatenablog.jp

今回は、前回の反省を活かして最初から強火でゴー!しっかりと焼き色をつけられたのでした。

f:id:color-image:20170130221647j:plain

焦げがいい感じに香ばしく、肉汁はジューシー。はぁ…幸せ♡

パサパサして侘びしくなりがちなむね肉。ヨーグルトに漬けることで、とてもリッチな食感になります。

 

ところで、ヨーグルト。

中東からアジア系のスパイス料理って、ヨーグルトを適宜食しながら食べた方が、だんぜん消化にいいことを発見しました!ええ、あくまで当社比なんですが…。

 

いっとき満腹で食べられない感になっても、マンゴーラッシーを飲みつつ食すと、胃がスッキリして安定して食べれるんですわ!ちなみにライタという、ヨーグルトに野菜を入れたソースのようなものをかけながらいただいても違います。

ちなみに、真ん中の白い小皿が、ライタ。この時は、パクチーとか入れたものみたいです。

f:id:color-image:20170105112611j:plain

このボリューム、普通に考えたら昼間からはかなりヘヴィーそうに思うわけです。でもさらりとイケてしまう。

食文化ごとに、食べ合わせって考えられてるんだなー、と。

 

そんなわけで、スパイスカレーに慣れてきた方は、ライタをお供に加えてみられてはいかがでしょうか?きっとこれまでの2倍は食が進むはずw

 

 

以前、このブログではデザートっぽいライタを紹介しました。

ryouri-kihon.hatenablog.jp

ただこれはおそらく、日本人向けアレンジ。

 

インドではライタは主に、食事どき向けの野菜サラダみたいなものだそうです。

なので今回は、きゅうりのライタをつくってみましたよん。

 

前回と同じく、ヘーマ・パレックさんのレシピを参考に…。

 

ピリッと辛い!スパイシー野菜おかず

 

プラス、家にあるもので好みにアレンジしてみました。

 

f:id:color-image:20170130225432j:plain

 

【きゅうりのライタ】

 <材料>(2人分)

 

・きゅうり:1本

・プレーンヨーグルト:150ml

・砂糖:大さじ1.5

・塩:適量(1つまみ強くらいかな)

・唐辛子のみじん切り:1本分(本来は青唐辛子ですが、辛さが予想できないのと、普段使わないので無いという理由から)

 ※カレー好きな割には辛さにビビリ入ってますw

・クミンパウダー:小さじ1/5

・チリパウダー:ひとつまみ

・クミンシード(ホール):小さじ1/4

 ※クミンはすべてパウダーでいいのですが、ホールの香りがハッキリして好きなので。

・油:大さじ2

 

でわ、いってみよー!

 

1:きゅうりを粗くおろす。

本では目の粗いチーズおろしなどを推奨されてますが、ウチのは目が細かかった為詰まってしまうところでした(笑)。穴のあいた小さいショウガおろしでうまくいきました。

普通の大根おろし的なものでもイケるかと思います。

f:id:color-image:20170130224148j:plain

 

2:ヨーグルトに砂糖と塩を入れ、なめらかにかき混ぜます。

f:id:color-image:20170130224350j:plain

ここでちょっと味見。ほぉーーお、という不思議な声が出る感じです。デザートとはちょっと違う味付けですよね。

 

3:1:のきゅうりに唐辛子とクミンパウダーを入れて混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。

f:id:color-image:20170130224538j:plain

きゅうりの緑と、唐辛子の赤が反対色で、ムダに鮮やか。

これはこれでいいんじゃないざますか。

 

f:id:color-image:20170130224656j:plain

混ぜたところです。

 

4:ここで、テンパリングという技法を使います。

油でホールスパイスを炒め、できあがった料理に最後にかけるという手法。この技法が好きなため、ただやってみたかっただけですがw

ここでホールスパイスを使うことで、クミンの香りがより鮮やかになります。

 

フライパンに油を入れ、あたたまったら弱火にしてクミンシード(ホール)を1粒落とします。泡が出る温度になってたら、残りのクミンシードも入れ、シュワシュワ泡が出る様を楽しく眺めます。

f:id:color-image:20170130225413j:plain

写真は撮り忘れたため、別のときのシーンです(笑)。なのでクミンがかなり多いのですが気にしないでください。

 

香りがでてきたら、チリパウダーを入れてすぐ火からおろし、3のヨーグルトにかけます。

f:id:color-image:20170130224723j:plain

キレイに回しかける予定が、崩れてしまいました。

 

ええいっ。もう混ぜてまえ!

f:id:color-image:20170130225432j:plain

と、これが案外美しい出来に。できあがり♡

 

これがまぁー。日本人には想像できない味なんです。が、クセはなく普通に美味しい!

◆甘いと同時に→(しょっぱいを通り越して)→辛い

とくるものが、あまりないからイメージできないだけなのかもしれません。

 

また、クミンシードを入れたことで、時間差で脳天に、爽やかな清涼感が襲ってきます。これがまた快感♡ 胃も心なしかホットに元気よく動いてくれてる気がします。

 

 

この時は、ひさびさにニッポンカレーが食べたくなったため、ルーのカレーを作ってまして。そちらと一緒にいただきましたよ。

f:id:color-image:20170130230053j:plain

 

もはや、ニッポンカレーに懐かしさすらおぼえてしまう私は、おかしいのでせうか。

 

 

 

★ランキングに参加してみました!

よろしければクリックをお願いします↓

にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村



レシピブログに参加中♪