インド料理とスパイスから始める遊牧民生活。

インドとスパイスを皮切りに、世界各国を周遊する(かのような)料理ライフを楽しむブログ。

カレーは飲み物?スパイスや具を食べるもの?今年いちばん美味しかったチキンカレー。

f:id:color-image:20171210221825j:plain
鶏肉が主役。

 

***

 

 

先日、食材や雑貨をおまとめ買いしてきました。

f:id:color-image:20171210213712j:plain

インド製のカレンダーとか、エキゾチックなダイアリー。
こういう派手派手カラフルなものは昔から大好きで。スパイス料理をし始めて、こういうエキゾチック熱がまた戻ってきた感あり。

そしていつものホールスパイス達や、初トライのグラスフェッドギーなどなど。ギーについては、後日試してみて感想書こうかな。

 

***

 

てことを書こうと思ってると…どうやらはてなブログでは
今週のお題今年買ってよかったもの
てのがあるみたいですね。今週のお題とか書くのは(他ブログも含め)初めてですが、ちょうどいいので書いてみようかと。

 

今年買いまくっていちばんよかったものは、ホールスパイス達です。料理苦手だった状態から、一気に愉しみが広がりました。粉に挽く前の形がある状態が楽しい。料理というより、RPGに出てくる薬師みたいな気分になるのね。

f:id:color-image:20171210215628j:plain
f:id:color-image:20171210215713j:plain
ホールスパイス以外にもいろいろ混じってますが



 

 

思えば一年前、こういうキットを買ったことからスパイスな日々がスタートしたのですが…。

ryouri-kihon.hatenablog.jp

 

↑今思うと、サムネのカレーの写真がひどい…。

 

1年経って思うこと。

本格的なカレー作りたいなと思ったら、初心者のときは粉になってる「パウダースパイス」のみだと、むしろ難しいと感じるかもしれません。味がひらべったくなるのね。1種類でもいいからホールスパイスを持ってた方がうまくできるんじゃないかと。なぜなら、そっちの方が自然と立体感が出るから、料理上手になった気分味わえる(笑)。噛んだときにあとで香るので、時間差も出るんですわ。

最初に持っててほんと良かったのは、クミンシードのホールです。好きってのもあるけど。カレー以外にも出番がめっちゃ多いし、焦がしさえしなければまず味的にも失敗しない気がします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ギャバン クミン ホール 17g
価格:275円(税込、送料別) (2017/12/10時点)

 

 

ちなみに今回のお買い物では、ひととおりホールスパイスが揃っていたので、新メンバーとして「メース」というのを加えてみました。

ナツメグの外皮なんですが、これを嗅ぐと黒コショウをさらに香り高くしたような高揚感!すばらしいスパイスです。その代わりと言ってはなんですが、ナツメグと同じように使用量に注意が必要です。1回の食事で5g以上は摂らないように、だそうです。あと妊婦さんもNGだとか。

 

 ***

 

で、こないだこちらのお店にホールスパイス買いに行ったときに、

ryouri-kihon.hatenablog.jp

たまたまですが店主の方にカレーの作り方教えてもらいましてん。ノートを取り出して手書きのレシピを見せてもらいながら。

なんでそんなレクチャーしてもらえたか分からないんですが、その時、日本人が何人か買い物に来ていたからかな?ラッキー!!Facebookを見ると店主はネパールの方のようです。

 

で、さっそく家に帰ってそのチキンカレー作ってみました。

使う材料はそんなに変わらないのですが、ホールスパイスを最初と、途中との2段階に分けて入れるというのが私的には新鮮でした!

今回はレシピ記事ではありませんが…。

 

f:id:color-image:20171210220825j:plain
f:id:color-image:20171210220848j:plain
f:id:color-image:20171210220913j:plain
途中入れのホールスパイスは、すり鉢に入れます。
f:id:color-image:20171210220923j:plain
f:id:color-image:20171210220930j:plain
チキンから出る水分を使う。

f:id:color-image:20171210221221j:plain

途中入れのホールスパイス。

f:id:color-image:20171210221501j:plain

煮込み。

f:id:color-image:20171210224746j:plain

乾煎りして加えます。


 

というわけでできたのがこちら(上は以前記事にしたキドニービーンズのカレーです)。
f:id:color-image:20171210221506j:plain

 

完成図を写真で見たわけじゃないので、これでいいのかは分かりませんが…とにかくこれまで作ったのとは段違いに美味しい!!!スパイスがお肉にしっかりと絡みついて、お肉の風味も食感もちゃんと生きています。これまでのカレーは、鶏肉のパンチが弱すぎてスパイスに負けて、主役を張れなかったんですわ。

なんか見た目、中華料理の炒めものみたいですが…w。

f:id:color-image:20171210221825j:plain

 

これまでもスパスカレーにおける鶏肉の扱いをいろいろと変えてきましたが…

煮込む直前に生肉を入れて炒める

あらかじめ鶏肉だけ別に焼いておいて煮込むときに加える

今回のように早い段階で炒める

個人的には、下に行くほど美味しくなった気がします。

 


作ってみて思いました。

我々ニポンジンの思うカレーのイメージって「ルーを食べる」ものなんじゃないかと。もちろん具材も入るんだけどさ(笑)。あくまで、「ルーの中に具材を入れる」って感じじゃないでしょうかね?最後に煮込むときもお水をだばだばーって入れるしね。「カレーは飲み物」って言葉もあるくらい、スープなイメージがあると思います。

 

で、今回作ったのは明らかに「具材を食べる」もしくは「スパイスを食べる」ものなんですよね。調理中に焦げない最低限のお水で料理するんですが、それは具材から随時出てくるのでそれでやればいい、と。その代わり油が多めです。

これまでに試行錯誤ながら学んだことを考えると、たしかにそれが合理的。

そっちの方がスパイスの香りが水に溶けださない。だから食べるときにも香りが残る!水分が少ないほど鍋の中が高温になり、トマトに含まれるクエン酸も飛ぶので、イヤな酸味も消えるんです(←私のつくるカレーがラタトゥイユみたいになるのはコレが分かってなかったから)。

 

私が認識している「スパイスカレーの基本の作り方」とは全然ちがいますが…。この工程もあれこれ試しながらマスターしていこうと思います。

 

 

ちなみに、今回のカレーでわずかながら加えた水分はこちら。
f:id:color-image:20171210223542j:plain

100%ココナッツウォーター。買い物中に水分補給として買ったものの、本場過ぎて飲めなかったやつですw そういや、これまでもタイ料理屋とかで飲んだけど、飲めなかった記憶アリ。ココナッツミルクほどキャッチーな味じゃないんですよねー。そんなに甘くないし、生々しいというか。現地で飲むと美味しいのかな?
カレーに入れると美味しかったですが、これのお蔭かどうか分かりませんw

 

 

「いちばん美味しいチキンカレー」が更新されたかもしらん。。。

ryouri-kihon.hatenablog.jp